今季のプレーオフで初めて敗北を喫したウォリアーズは連勝記録が「15」でストップ。

 6月10日(現地時間9日)にクイックン・ローンズ・アリーナでNBAファイナル第4戦が行われ、ゴールデンステート・ウォリアーズがクリーブランド・キャバリアーズと対戦した。 NBA制覇まであと1勝に迫るウォリアーズは、試合序盤からキャブスのJR・スミス、カイリー・アービング、ケビン・ラブに立て続けに3ポイントシュートを沈められる。

興行だし多少はしようがないが、審判つまらなくした。それでも1Qの49点はすごいけどね。なぜパチュリアを使い続ける。。やったああああ。1Qのキャブスの49点凄すぎスリーポイント60パーセントありえない
こっから4連勝したらジョーダン以上と認める今日はキャブスが素晴らしかった。ウォーリアーズも悪くなかったのにそれを完全に上回っていた。これでこそNBA ファイナル!大勝ちするか大負けか、現代のバスケットは変わったなぁ
今日の試合でなにか攻略の糸口を見つけてればいいんだけど。さすがに4ー1はつまらんよ。レフェリングの面を抜きにしても、今日の試合に関してはキャブスが良すぎたね。1Q49点、前半だけで86点。そして3P24本も決めて成功率50%超え。こんなんやられたらどのチームでも勝てんわ。
首の革一枚・・・とにかく頑張ってください(๑•̀∀- )وアービングやばすぎでしょ。中も外もエグすぎ。カリーもそろそろ大暴れしてくれー