川崎Fの男性サポーター2人が旭日旗を掲げすぐに旗は没収されたが、試合後に水原のサポーターが川崎F側の観客席の出口をふさぐ騒動があった。

 川崎フロンターレのサポーターが韓国・水原戦で旭日旗を掲げ騒ぎになった件で、アジアサッカー連盟(AFC)から1年の執行猶予付きでAFC主催試合でのホーム戦1試合の無観客試合、罰金1万5000ドル(約165万円)の処分を科された川崎フロンターレの藁科(わらしな)義弘社長(59)が4日、神奈川・川崎市内で取材に応じ、10日以内に処分理由の説明を求める文書を送ることを明かした。

旭日旗は「ハレ」・めでたさ・景気の良さを示す意味で戦前戦後民間においても祝事、大漁旗、運動会やスポーツの試合などで使用されてきた日本の文化のひとつです。
国際的に問題のない行為が、相手が気に入らないからと注意され、(なにが悪いの判らず)注意されたので止めた。ここまでは全然問題ない行為。取りやめたにも関わらず、相手サポーター席に乱入し、取り囲んで退出を妨げた。問題はこれだけだろう。韓国の意見に肩入れする時点でもうどうにもならない。ACLは腐ってました川崎Fだけの問題ではない。ここは日本国をあげて論を張るべき時だ。確認ではなく、承服できないという意思表示と抗議を明確にしないと
こういう処分を川崎フロンターレに降すことこそ差別的行為。許されないぞAFC。AFCこそ差別的団体やな朝日新聞は取材できないということか?川崎F頑張れ。こちらに非はないことは明確にしよう。
全くもって、処分の意味がわからない。何の問題もない事を政治問題にしてるのは韓国では?AFCは韓国から裏金をもらったとしか思えない。