若者が地方から首都圏へ流入するのは、主に大学進学か、就職時。

政府は人口の東京一極集中を是正するため、東京23区内にある大学の新増設抑制策を検討する有識者会議を近く設置する。山本幸三地方創生担当相の下で具体策を議論し、夏をめどに取りまとめる方針。委員には元総務相で東京大公共政策大学院の増田寛也客員教授らの名前が取りざたされている。

東京だけ残ればいいじゃん。今や学生もバイトしないとやってけない人がたくさんいる。バイト先も足りない地方都市に移したら成り立たなさそう。
関西のほうが大企業もあり、先見性のあったり行動力のある企業があり栄えてもよい地域性なのに東京が首都というだけで衰退していってるので道州制を導入するべきと思います。東京には他の地域から寄せ集められてるだけで新しいものが東京だけ集中して集められたり東京にいるものだけが特権階級みたいにしてはいけないと思います 元来から住んでいる人のレベルは低いのだから人の流れは、正直。これからは 地方の時代と言われて 久しい。みんな ギリギリで生活している訳で 合理的 総合的に考えれば、都市圏を選ばざるを得ない。
大学だけ地方に移すなんて無理でしょ。東京に人が集まるのは仕事があるから。産学官一体となって地方への移転や権限分散を図らないとダメ。私立大学は現状からして都心回帰が常套手段。先ずは、国の機能を地方に移さないと。日本は道州制に早く移行するべき。