では、どれだけの国費が大学につぎ込まれているのだろうか。

 ノンフィクション・ライターの白石新氏が明らかにするのは、be動詞のおさらいや“共に学ぶ楽しさ”を学ぶ授業、Wordの基本を学ぶコンピュータの授業など、Fランク大学の驚くべき実態である。文部科学省からは授業レベルに改善のお達しが出るが、問題は巨額の国費がこれらの大学につぎ込まれているという点である。

何で普通科が多いか、って言えば結局技能職に進んでも稼ぎが悪いからじゃない?もちろんみんながみんなホワイトワーカーで稼げるわけではないけど、稼げないと分かっていてその業界に進むってよほど熱意がないと選ばない道。卒業した大学Fランクだったけどそんな酷い授業受けた事ないよ。同じFランクの中にも差がありそう。みんなの天下り先だね。
一度、作ると潰すのは難しい。本当はその出口まで考えて制度設計すべきだが。天下り先を作っているのだから、かんがえないか?
一番の問題は、問題を大学まで先送りにしてること。小中校の各段階で修めなければいけないことができていない子が次の学校に進めてる。だから、勉強ができないまま大学に来ることになる。Fランク大学だけ非難しても仕方がない。be動詞がわからないのは中学校教育のせいなんだから。
大学は小中高で習う内容をきちんと修めていない人が学びなおすところではなく、学問をやりたい人が行くべきところだろうと思う。・小中高でとにかく出席すれば卒業というのをなくして、内容を理解するまで留年ありにする・高校卒業後に学び直しのための国公立専門学校のようなものを作る・職業訓練校のようなものを作り、そこで志望の職業への基礎訓練をするとか色々解決策はあると思うので検討してもらいたい。とはいえ、現状の大学乱立とレベルの低下は文科省と、高卒を(意味もなく)取らない企業側に責任があると思う。