この場合も年720時間の上限は守らせる方針だ。

 政府が働き方改革で検討する残業時間の上限規制に関し、1カ月の上限を60時間で調整していることが28日、分かった。企業の繁忙期には一時的に月100時間まで認める。2月1日の政府の働き方改革実現会議で議論を開始し、3月末に策定する実行計画に盛り込んだ上で今国会への労働基準法改正案提出を目指す。

今は減ったけど以前は当たり前のように60時間とか有ったよ。繁忙期じゃなくてもね。1年中繁忙期にするところが続出するんじゃない?手取りも減るのでしょうきちんと残業手当が出ればそれでも良いけどね
どこが改革?残業しなくても、まともな給料を!繁忙期の期間設定も明確にしないと、それを利用されるよ。
サラリーマンだった頃、本気で取り組んだ仕事は残業なんて気にならずに没頭出来た。上司や同僚も結果だけで無く過程も褒めてくれた。残業を全て悪いことにしてしまうのはどうかと思う。
経営者側、労働者側、お互い信頼がある中での残業は良いと思う。しかしそれが破綻した時に話が変わってくる。労働者を精神的に追い詰めてサービス残業に追い込んだり、無茶な仕事の詰め込みなどは事業者に対して厳罰な処分をするべきだと思う。労働者に注意するのは経営者、経営者を注意するのは?できるのは?そもそもサービスを強いてるブラックへは、何の対策にもならない。