翁長雄志知事も20日の定例記者会見で、今後の対応を説明する考えだ。

 沖縄県の安慶田光男副知事が県教員採用試験や県教育庁の幹部人事を巡り、県教育委員会の方針に介入した疑いがある問題で、安慶田氏は20日に自身の考えを説明する方針を固めた。19日、本紙などの取材に明らかにした。

嘘つきは、一回辞めて貰ってから十分審議し、徹底的に追及処分を望む!税金も返していただきたい!
翁長知事は龍柱についての説明責任を果たさずに、うやむやのまま押し通しました。この疑惑に対しても追求することなく煙に巻くつもりではないでしょうか。さて、沖縄県の予算は、7割が依存財源と呼ばれる国庫支出金です。県の税収等の自主財源はわずか3割で、毎年多額の国税が沖縄に投入されています。両氏には、沖縄の主義・主張を各方面に訴え、国政や米軍を批判ばかりしていないで、自主財源を全国平均の5割まで引き上げるよう、県政施策の推進に取り組んでいただきたいものです。税金がもったいないので。ないよ。あったら、沖縄は日本から完全に廃棄や。ご本人による記者会見が必要ですなオドオドしたインタビューで、決まりだね!
常識の通用しない輩に指示された輩は 常識の通用しない行動をし 常識の通用しない輩により淘汰される!