ハリル監督は日本サッカー界に厳しくダメ出しをしていた。

 日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督は日本サッカー界のプレッシャーの緩さを課題に挙げ、「日本ではボールを持っている間に、シャンペンも酒も飲めるし、食事もできる」と大げさに一刀両断している。ハリルジャパン最新招集&予備登録メンバー計89人「推定市場価格ランキング」 「デュエル」という言葉を多用し、1対1と局面の激しさを求めるハリル監督は、日本サッカー界のあまりにスローな展開とプレッシャーの緩さを断罪した。

確かにその通り
ハリルのことあんまりよく思ってない人多いけど、かつてここまで指摘してくれる監督なんていたか?結局ピッチに立つのは選手であって、監督の名采配で勝つなんて試合はごくごくたまにしかないんだよ。Jのあり方とか、日本の問題点にしっかり耳を傾けて改善していかないと一生ワールドカップで優勝どころか、予選落ちやぞ。バックパスが多すぎるし、パススピードも遅すぎ️100%正しい意見   Jのプレッシャーの緩さね  バイタル辺りでも寄せが遅いし そして打たないし  そこでまだパスすんの?って(笑)
日本はサッカーもガラパゴスアマチュアレベルでも、そう言うところしっかりしないと、国レベルで見たサッカーレベルの向上にはならないので、私のクラブもそう言ったところを徹底します。ハリル監督!
cwcの決勝楽しかったよ、日本代表の試合より。
遅いのは俺たち族でしょ。それがいいと思ってやってるし。てかボールを蹴る瞬間よりボールを運びいじってる時間に「見せてる」という高揚感があるんでしょ。「サッカーをしてる自分が好き」なんであって「試合に勝つ」のは二の次 目的が全然違いますから。