東京電力福島第1原発事故に伴う健康影響を調べる県民健康調査検討委員会は27日、福島市で会合を開き、原発事故と甲状腺がんとの因果関係を科学的に検証する第三者機関の設置を県に提案した。

 東京電力福島第1原発事故に伴う健康影響を調べる県民健康調査検討委員会は27日、福島市で会合を開き、原発事故と甲状腺がんとの因果関係を科学的に検証する第三者機関の設置を県に提案した。県の井出孝利保健福祉部長は「専門家がいる学会や国際機関を含め、どのような場を設ければいいか国とも相談しながら検討していきたい」と述べ、設置に向けた検討に入る方針を示した。

原子炉村は土地を金の力で接収し、原子炉を作ってそこから放射性物質を大気中、川、土壌などに微量といえど放出し続ける。周辺住民に危険の説明は詳しくは行われないか全く行われず、隠蔽する政治屋戦略で住民の健康への影響は一切ないと言い続ける。もし、癌死などが多く発生しても、原子炉被曝との因果関係は科学的に立証できない、(する気なし)として誰一切責任を負わない。この構図は、日本も現に発生した福島第一原発事故とハンフォードと同じなのではないだろうか、また原子力開発に限らず、足尾銅山の鉱毒事件、三井金属鉱業神岡事業所によるカドミウム汚染で神通川流域に発生したイタイイタイ病、また水俣病、など、日本で起こった、大企業による悲惨な公害事件も、構図はみな似ている・原発問題が数多くの問題を象徴していると思う、これも一つの事例である。総理自慢の制御不能なアンダーコントロールの元、政府自慢の御用委員会じゃ信用できないと言うことだな!