廃炉に関して国と県が協議する場も新たに設けると説明した。

 政府は21日、日本原子力研究開発機構の高速増殖炉原型炉もんじゅ(福井県敦賀市)の扱いを検討する原子力関係閣僚会議を開き、廃炉を正式に決定した。福井県の西川一誠知事はこれに先立つ関連協議会で「地元の納得がなければ廃炉はできない」と抵抗したが、政府が押し切った。

使えない高速炉を維持しても、トラブって事故で大惨事になるなら廃炉にした方がいい!何故アンチ原発の人々はこれに反発しないのかな?
「より実用化に近い高速炉の実証炉開発に着手することも決めた。」いい加減他のクリーンエネ系に大枚叩いた方がよいと思うのは私だけ?まぁ新設するにしても反対されるから同県しか無理だろうけど。もんじゅが大事なら福井県が全額費用負担して継続すれば?結果が出せたら掛かった費用を国に請求するって事で。福井県は何故廃炉に反対?
原発交付金は覚醒剤みたいに依存性がある。原発交付金を受け取った自治体は、産業振興策や地域活性化策をつくる努力をしなくなる。福井県は今こそ、薬物依存から抜け出し自立するべき。個人の返納程度で済むと思ってるのか。
原発に関しては『安全安心コスト安』という神話は嘘だったのがハッキリしている。交付金や補助金という『飴』にすがる政策にピリオドを打ち、開通が決まった新幹線を生かした魅力ある街作りをするべき。