●巨人の巨大補強は諸刃の剣

 プロ野球の巨人が今オフ、例年にない大型補強を敢行中だ。その中でも“超目玉”と言うべきスペシャリストのお披露目が12月19日、東京都内のホテルで行われた。日本ハムからFA(フリーエージェント)となっていた陽岱鋼外野手の巨人入団会見だ。

よく若手の出番がって声を聞くけど、今年はチャンスあったんだよな。高橋由と井端が引退して席は空いてたし、阿部や内海やマイコラスは交流戦まで不在で、クルーズも二軍に落ちてた。杉内はリハビリで1年間いなかったし。でも、そのチャンスを活かせなかったのは誰よ?トレードは、ちと違うと思うが、FAに関しては今に始まったことじゃないでしょ歴史の繰り返しかもしれんが、結果が全てでしょ。
ファンじゃないけど、補強するのは当然だし良いことだと思う!ただ そんなに活躍できなかった選手が化けるところを見れる楽しさが 減ってしまうので そこは寂しいかな…17.5ゲームも離されたら危機感持つでしょ。下位にいるのに補強をほとんどしないチームよりもいいんじゃないかな?その分主力選手の大幅減俸もされてるし。今年の成績は監督、コーチにも責任あると思うけどね。
高橋監督が不安だ。
若手、生え抜きで優勝したカープは、それが今だから称賛されてるけど、25年ぶりだよね。こういう補強を繰り返してここ10年で6回優勝している巨人と、どちらがいいのかは一目瞭然。ただ、その6回の優勝時と指揮官が違うのは少し気になるが。