北海道羽幌町の特産として知られる甘エビ(ナンバンエビ)漁が今年、不振を極めている。

 北海道羽幌町の特産として知られる甘エビ(ナンバンエビ)漁が今年、不振を極めている。漁獲量は11月末現在、昨年同期の半分。品薄状態で単価は跳ね上がり、水産加工業者や消費者にも影響が及んでいる。水温の上昇など海の環境変化を指摘する声もあり、水揚げ日本一をPRする羽幌町の関係者は「来年も不漁が続くようなら深刻だ」と危機感を募らせている。

スシロー、くら寿司では食べれそうもないですね…今年は夏場の荒れっぷりが酷かったから……色々、海の中も荒れてきちゃったのかな……内陸の方も野菜とか獲れなかったし……乱獲の結果がこれ、驕るな
他の国の人たちが穫りすぎているのでは?漁師の方には気の毒だが、そもそも海洋資源は動くものだ。人もそうですが、特意が一つしかないとそれがダメになると地に落ちる。いろいろ考えさせられるね。今、甘エビに限らず漁業はどこも不振だよ。
いつまでもあると思うな海洋資源。甘エビもダメ…。イカもホタテもダメらしい。今年の冬の食卓が寂しくなりそうで悲しいな。漁業関係者や北海道の方々の痛みも心配です。取りすぎなんじゃないのか?
いつも、思うけど、獲れるだけとって漁獲量減ったと騒いでいませんか。カニがあるじゃないか乱獲もあるかもしれない。しかし外国が買い占めてそうだが?当たり前だと思ってはいけないって事資源は無限ではない