英語教育をめぐる議論には、現在でも大きな溝があるようです。

研究者の集まりである日本学術会議は、小学校から高校までの英語教育に関する提言をまとめました。現在行われている「コミュニケーションの『道具』としての英語」「実用的な英語能力の習得」などの方針を批判し、日本人にとって非母国語である英語を学ぶためには、「読み書き」と会話のバランスのとれた英語教育をすべきだと提言しています。

ろくに英語ができない教師が間違いだらけの英語を話して生徒が影響されたらどうするのか?生徒は思う存分自分のミスに学ぶべきだが、教える側となるとそうはいかない。
どうやったって日本人に英語は無理。授業英語でやったって授業終わったら結局日本語で生活なんだからさ。教師が「グッモーニング エブリワン。トゥデイぃ、アイ アム ゴーイング トゥぅ ティーチ ユー……」のような具合なら日本語でokです。
英語が話せれば国際人、有能な人なのでしょうか?海外に出れば、自国の文化や歴史、地理等を如何に熟知してるかが問われると聞いた事があります。“日本を代表する事のできる日本人”を作る事が第一で、英語が話せるかどうかは二の次だと思います。何年か前にイギリスかどっかの研究チームが論文発表してたけど、10歳までに外国語を学習すると、語学堪能になるけど、発想力に欠けた脳に成長するらしいね。
日本語が便利すぎる(笑)少々接続詞が抜けてても理解できるし言葉が前後してても、抜けててもある程度伝えたいことは伝わるだからカタコトの外国人とでも少し考えれば会話は成り立つこんな曖昧でもしっかりした言葉は他に無いでしょ