■日本のビールにかかる酒税、ドイツの1.7倍、米国の8倍

 ビールや発泡酒、いわゆる「第3のビール」の3つに税率に分かれていた「ビール税制」が、一本化される見通しとなった。 ビール類の税額は現行、350ミリリットル缶で、ビールが77円。麦芽比率25%未満の発泡酒が47円、麦芽や大豆などを原料に使い「リキュール類」に分類される「第3のビール」が28円になっている。

次は煙草が一箱1000円になるかも。酒税のお陰で紛い物ビールが出来てるのは問題だけど55円はまだまだ高すぎると思う結局は増税だよ!騙されてはいけない!新税は悪税。これはその典型。
発泡酒や第3のビールがなくなるって言ってもやっぱり飲み慣れたのが美味く感じる気がするんだな下げて一本化と言いつつ、正確には均等じゃないよね!タバコはやめたけど酒もやめる日がくるのかなー(¯―¯٥)他の事にお金使えるからまーいいんだけどね。
喫煙者が減ったように飲酒者も減ると思う。政府はそうやって国民から楽しみを奪っていき働く意欲すら無くそうとしている。政府は北風と太陽と言う童話の北風以外の何者でもない。まぁ、ビールや発泡酒わけ方自体がなんとも…たとえばベルギービールのヒューガルデンホワイト、てあると思うけど、あれ日本では発泡酒になっちゃうんだよね、オレンジリキュール入ってるから。
第4のビール発売して下さい!とにかく国は税金を増やしたい。そうすれば自分達の懐が潤うから。だけど実際は逆効果ですから。
ビールは高いから、発泡酒や第三のビールを飲んでるんだよ。税率が一本化されて高くなれば、好き好んで発泡酒なんて飲まないさ。結局、発泡酒や第三のビールは売上が減ってビールに戻るだろうな。その結果何が起こるかと言うと、税収の大幅減だよ。減収したとしても、改めてビールの増税なんてしないで欲しいものだ。