小売店や飲食店向けのうどんの製造を手掛けてきたが、給食事業に新規参入した。

 粉食文化が根付いている群馬県の学校給食で、個包装のうどん(ゆで麺)の存在感が薄まっている。大手業者の製造中止や国の米飯給食の推進を背景に、給食で提供された量は5年間でほぼ半減した。自治体の担当者は、新たな業者の確保や冷凍うどんの活用を検討するなど、対応に苦慮している。

なかなかうまくいかないね
給食での麺類は、調理のゆでるタイミングが難しいらしいんですねあんまり早くから準備してると のびる し、遅いと待たせることになりかねないからだそうです。学年ごとにどういう順に取りに来るかを把握して、タイミングを測るとか、学校調理の所は良いけど、センター方式の所ってどうしてるんでしょ?クレーマーが出たのかな?うどんが悪者扱いされて・・・。成人病(糖尿病)の。製造コストが理由であって欲しい。山田うどんがアップを始めました
米、パン。麺はほしいですね。給食メニューは、”食育”であってほしいですね。確か、ソフト麺と呼んでた記憶がする。美味しかったんだけどなぁ。時代の流れなのかな。ご飯とパンがメインだと思うんだが。子供減ってきたらそりゃ減るよな。
給食で命を繋いでいる子供も多い。腹持ちと栄養源として、給食を捉えて欲しい。ソフト麺?あれ好きだったけどなぁ。でも食感とか違う時とかあったんだけど付け合わせのスープ?に合わせてたのかなぁ?何となく黄色い日もあったし。週4回ごはんなら残りの1回はパンになってしまうわなぁ。
なんか時代は変わったな…と思いました。時代も変わったと思う。