本場でも通じる戦わテクニック

 民進党の榛葉賀津也参院国対委員長は24日の記者会見で、蓮舫代表が次期衆院選に比例代表東京ブロックから単独出馬し、名簿登載順位1位とする案が浮上していることについて「明らかに誤報だ」と述べた。その上で、「党代表が(選挙区で)戦わないなんてあり得ない。

だってもともと、2番じゃダメ?って言った人ですよ。戦うより逃げる人でしょ。この人誤報と言い切りましたね。でもどっちも信じられない。かなり重要な国籍について逃げてますけど・・・
自分に大甘の謝蓮舫、他人に大変厳しい謝連邦。自分は楽に、他人には苦しく、これでこそ民進党代表謝連邦。村田は逃げてばかりだな
小選挙区で戦う自信のない国籍犯罪者の嘘つき蓮舫。頑張っても頑張っても頑張っても頑張っても頑張っても頑張っても頑張っても頑張っても頑張っても頑張っても頑張っても頑張っても、惨めな蓮舫。腹の中では「戦って落選すれば良い」って思ってたりして。あの人のらりくらりと自分の問題から逃げて良い格好してるだけやないですか誤報かもしれないが、つい本音を言ってしまっただけ、だな。
蓮舫は政界を退き、民進党も共産党と決別しないと、まずそこからだと思う、その上で厳しい道を進むべき、並大抵の努力では駄目だよ、日本の防衛、中韓への政策、領土、歴史認識、民主党政権時代では全て曖昧で不信感がある。これを、曖昧な言葉ではなく、伝えきれなければ政権なんて取れるはずがないと思うけど……個人的には、日本の為に働く議員がいるのかも疑問。