伝説の億

 2020年東京五輪・パラリンピックの競技会場計画の見直しで、東京都が水泳とバレーボールの会場の整備費について最大で計約200億円削減することを検討していることが22日、都幹部への取材で分かった。小池百合子知事は検討結果も踏まえた上で、会場計画に関する結論を出す。

オリンピックの開催費用の分で次世代主力戦闘機F3の国産開発ができるのに…金銭感覚が麻痺してるもともとの試算っていったい何だったんでしょう?浮いた分はみんなで山分けしようと思ってた?
こんなに簡単に削減できることが、逆に大問題かと。本当にひどい話。これなら各所でもっと減らせるのでは?半減目指して頑張ろう!200億削減ってね、簡単に言うけど、全部の費用見直したらまだまだ削減出来るんじゃないの?300億あったら、地方銀行買えるんだよ。
もっと削減できそうでも元々は水質が懸念だったのでは?でも結局は、既存使わず新しいの建てるんでしょ。オリンピックなんかいらねー。その削減分は、誰かのポケットに入る予定だったのでは?も〇とか内とか…。
「可能」とか「検討」とか言葉だけだったら簡単に言える。実行責任を明確にして、できなかった場合に責任をとる体制にすべきだ。
削減の部分が内装や施設整備っていうが…後になってセコいものが出来た時に「予算を減らされたから」と言い訳しそうで,今から予防線を張る感じが嫌だよ本当は「何に」お金がかかってるのか試算表を出して欲しいわしれっと安全性がダメにしそうで怖いんだよ小池さんが知事になってからどれだけ削減されたんだろう。逆に言えば都民の負担が軽くなった。良かったですね。ほんとに。