入団は、元気に働く女性のミカタ!

 ドラフト会議からもうすぐ1週間が経過。各球団の指名挨拶もはじまり、入団へ向けて徐々に動きが慌ただしくなってくる。 そんな中、“ある問題”に直面しているチームがある。パ・リーグ覇者として日本シリーズを戦っている日本ハムだ。

増渕さんの意見は取る側の意見でしかない。もちろん下位で指名されたとしてもプロでしっかり鍛えた方が野球に集中できるし成長できる可能性も高いと思う。でも取られる側からしたら、順位は球団の期待値の表れだから、下位の方が早めに見切りをつけられるんじゃないかとかそういう思いもあると思うよ。どっちが正解かなんて分からないけど、本人が選んだことに第三者がいろいろ言える問題じゃないと思う。
増渕さんの意見は 一見 正しいように見えるけど 貴方は ドラフト1位入団の選手ですよねそうなると 多少 説得力に欠けるかな?って思います入団したら 一緒かどうかは 下位指名された人の意見を聞いてみないと分からないのでは?もしかしたら ドラフト上位の人が気づかない所で そういう事があったかもしれないですし
拒否でいいのでは? 曖昧な気持ちで入団されても日ハム側も困るでしょ。あと6位の実力しかないってコメしてる人いるけど今年は投手豊作の年。個人的にはもし今年でなかったら3位で指名されてもおかしくないと思うけど…左腕だし最近の日ハムの指名はいろいろあるね
4位なら入団しないって最初から言ってるのになんで一方的に山口だけ問題視してるんだろうこれで指名に応じたらそれこそ問題だと思うんだけど指名されなかった選手もいるのに…っていうのは別に関係ないよねなんでそんなことに引け目を感じなきゃいけないのか