狭いイチョウが渡します

 全国的に珍しい葉っぱに実がなるイチョウ「オハツキイチョウ」1本が、京都市右京区の平岡八幡宮で見つかった。市内で確認されたのは初めて。府内では2例目となる。 参道を歩いていた近所の女性が1週間ほど前、「珍しいイチョウを見つけた」と神社に持ち込み、佐々木俊輔宮司(61)が京都府立植物園に調査を依頼。

おそらく葉っぱの一部が幹に触れていてそこに土でもついていたんだな。
ここで言う「変種」の意味が分からない。普通のイチョウがオハツキイチョウになるのか?それとも元々オハツキイチョウだったのか?普通のイチョウが将来的にオハツキイチョウになる要素を持っていたのか?何も疑問を持たなければ、反原発ばかり唱える左翼どものような人間に成り下がってしまうのだろうな・・・葉っぱに実がなるオハツキイチョウという珍しい種があるという理解で良いのかしら?今ひとつ、よくわからないのだけど…。摩訶不思議な葉っぱ(意味深)
ミズキ科の落葉低木 ハナイカダみたいなイチョウがあるんですね。自然は面白い。オハツキイチョウは珍しいのに、ほとんどがお寺の境内にある不思議。オレンジ対するベルガモットみたいな関係なのかな?珍しいんだろうけど、見た目が・・・普通のいちょうが好き。
やっぱり普通の銀杏みたいにくさいのかな?銀杏のブヨブヨ部分は種子の皮だから見じゃないらしい。サクランボのブヨブヨ部分は実らしい。2へぇこれまでに見つけていた方がいたら単純にくっついてるだけって思われていたかもね植物は不思議だなあ。
どうなって葉に種子ができるんだろ?