人と地球 人

 認可保育所や認定こども園などの入所を希望しても入れない待機児童は、今年4月1日時点で昨年比386人増の2万3553人と2年連続で増加したことが2日、厚生労働省の集計で分かった。定員は昨年から拡充されたが、雇用情勢の改善で子供を預けて働こうという保護者が増え、利用希望者も増加した。

待機児童、潜在的待機児童の話って社会の負担というマイナス・イメージの文脈で語られてるけど、本来は労働力創出・都市開発という景気を良くする話だと思うんだけどな。待機児童という言葉にも非正規と同じくデフレ・マインドが染み込んでしょうね、安倍総理。
今の若い世代夫婦は共働きでないと生活が苦しいくらい、低賃金。保育園激戦区では子どもを0歳児で保育園に入れないと、女性が正社員として働き続けるのはかなり難しい。1年以上育休を取れる会社にいても、泣く泣く0歳で保育園に預けるケースをよく見かける。1歳児枠は持ち上がりで埋まり高倍率のため、保育園に入れないことを危惧するからだ。入れなければ女性は失業。出産まで男性と同等に頑張って学校を出て働いて来たのに、それは不公平。失業しても国も誰も、守ってくれない。待機児童問題は、少子化問題のみならず、貧困問題、女性の働く権利を奪う問題でもあると思う。政府は早急に保育の受け皿を増やしてほしい。
3歳以下で保育園に預けると個性が育ちません。園では一人一人に対応することはできず、すべて同じように扱いますから。2歳や3歳で周りと同じようにすることを強制されたらどうなるでしょうか。保育園はロボット生産工場なんですよ。