ピン!と感じる東芝

 不正会計問題で経営再建中の東芝は18日、新卒社員の採用を平成30年4月から再開すると発表した。綱川智社長が同日開かれた技術戦略説明会で明らかにした。これまで1万4千人超のリストラを断行し、29年4月の新卒採用を見送ることを決めているが、人材確保で技術力などを高め、将来の成長につなげる狙いがある。

先見の明があるならやめといた方がいいかと採用はかなり苦戦しそうで、おじさんはリストラ部屋へGOナンダカンダでも雇用先があることは大切だと思います。
ブランドはあるので、頭数は揃いそうですが、質は下がるでしょう。古い膿を出し切りきっと変わると思いますよ。 もっともっと透明性が増して信頼と信用を回復してください。 学生が集まる集まらないは分かりませんが、東芝ブランドの復活を期待したい。
立て直し期待したいけど、まず市場規模が縮小する一方で、将来性は期待薄。短期的には、回復することもあるだろうけど、長期的には、かなり見通し暗そう。自分が新卒なら、ほかの会社を選ぶと思う。原発はやめた方が良いと思う。学生たちはここで働きたいと思うのかなそんな先のことを、よく言い切れますね。
毎年新卒採用がない会社は基本成長がとまる時がくるとおもってる
東芝が今までやってきたことを新卒者の人がどう思うのでしょうか。ここ最近の社長がチャレンジと称してパワハラまがいのことをしてきたらしいということ。業績を粉飾した挙句、業績不振を理由に大きなリストラをしてきて、未だ再生に問題点が残っていると指摘されていること。実際に入ろうと思う人がいると思いますが、これら東芝が行ってきたことを鑑みて自分の未来を想像してみるのも良いのではないでしょうか。